賃貸借契約書の重要事項の説明というのは、資格者が自ら説明を行いますが、そうでない場合もあります。

賃貸は契約からなりたつ住居等のかりる方法です
賃貸は契約からなりたつ住居等のかりる方法です

賃貸借契約の宅建の資格者が行うこととは?

賃貸を借りる時に必ずでてくるのは、賃貸借契約書という書類で、この書類の持っている内容というのは、一般常識でとんでもなく違うところを除いて、契約書という効力が発生する書類ということを、頭に入れておかないといけないものででもあります。それだけ、人対人の契約では、重要な内容を含んだことが記述されている証拠でもあります。また、この書類などの重要事項についての説明については、必ず、その契約を結ぶ前までの間には、仲介や代理を行う不動産会社というのは、入居予定者に対して、これから借りる賃貸物件や契約条件などに関する重要な部分については、説明をする義務というのがあります。

それに、この重要事項の説明をするときには、必ず、資格を保有している人が行わないといけないことであり、その方法というのは、書類に印をした後、その書類の交付した時に、口頭での説明をしないといけないことになっていたりします。この重要事項といわれるところというのは、「対象物件に関する事項」や「取引条件に関する事項」と呼ばれるところで、確認した情報と食い違いがないかの最終チェックもかねて行うもので、賃借予定者は、その言葉に問題ないかをチェックをする必要があります。ただ、不動産会社が貸主の場合においては、需要事項の説明を行うというのはしないので、この点が大きく違うところでものあります。

Copyright (C)2017賃貸は契約からなりたつ住居等のかりる方法です.All rights reserved.