賃貸集合住宅での1人暮らしで、コミュニティーにどう接していくべきかという内容の記事にしました。

賃貸は契約からなりたつ住居等のかりる方法です
賃貸は契約からなりたつ住居等のかりる方法です

賃貸集合住宅での1人暮らし

賃貸でのマンションやアパートなどの集合住宅での一人暮らしでは、様々な不安を持つものかもしれませんね。その中でも低層集合住宅の犯罪被害は多いようです。なぜ、低層集合住宅は、被害の確立がその他と比べて高いのでしょうか。考えられる原因としては、まずは、戸建てに比べると、地域でのコミュニティーによる規模の大きな監視がないということではないでしょうか。もちろん一軒家での地域のコミュニティーも一昔前に比べると、そのつながりはどんどん弱くなっているようにも感じられます。しかし、低層集合住宅でのそのつながりの弱さはそれ以上のようです。第二に、中高層集合住宅に比べると、実際的な防犯機能が弱いということが挙げられます。これは、オートロックであったり、テレビ機能付きのインターホンの備え付きなどのようにシステム的なものだけでなく、例えば、住人同士の声掛けが少ない点、1階住戸が多いというような点も含まれるようです。

このような状態で、賃貸住宅に住む住民同士がどのように関わっていけばよいでしょうか。実際には、共用部で、居住者同士が話をすることができたらよいというような考えを持つ人が多くいるそうです。つまり、コミュニティ―的には踏み込みすぎない程度で、お互いに全く関係がないわけではないという状態です。これなら、現在の環境でもある程度、防犯などにも繋がりそうですね。

Copyright (C)2017賃貸は契約からなりたつ住居等のかりる方法です.All rights reserved.