公的な住宅には様々な種類があります。その中でも特優賃(特定優良賃貸住宅)について紹介します。

賃貸は契約からなりたつ住居等のかりる方法です
賃貸は契約からなりたつ住居等のかりる方法です

特定優良賃貸住宅の特徴について

など様々な種類があります。それぞれ入居基準や家賃補助・入居手続きが異なるため解りにくいですよね。そこで「特優賃(特定優良賃貸住宅)」に限定してご紹介します。入居倍率(平均10?20倍)は高めですがチャレンジする価値はありそうです。そもそも特優賃(特定優良賃貸住宅)とは「特定優良賃貸住宅の供給・促進に関する法律(平成5年法律第52号)」に基づいています。中堅所得者の方に優良な賃貸住宅の供給を促進する目的で、都道府県などの認定を受けて民間業者が建設・管理する賃貸住宅です。また法律で定められた建築基準をもとに建設されているため、広さ・設備(オートロック・システムキッチン・浴室追い炊き機能・バリアフリー設計など)が充実しています。

建物の特徴としては敷地面積は1,000以上、共同住宅で耐火構造、1戸あたりの床面積が50?25、住宅は10戸以上となっています。家賃・入居費用の特徴としては本来の家賃に対して国や自治体から補助金がでます。なので入居者の負担額が軽くなり家賃の減額になります。また入居時には敷金(本来の賃料の3ヶ月以内)、前家賃、共益費が必要ですが、礼金や仲介手数料は不要です。

Copyright (C)2017賃貸は契約からなりたつ住居等のかりる方法です.All rights reserved.