賃貸マンションとアパートというのは、実は違いが法律的にないのです。両方とも集合住宅の一つになります。

賃貸は契約からなりたつ住居等のかりる方法です
賃貸は契約からなりたつ住居等のかりる方法です

賃貸マンションとアパートというのは

賃貸マンションとアパートというのは、実は法律的な定義の差はないのです。両方とも集合住宅であり、別にマンションである定義、アパートである定義というものがあるわけではないので、気にしないでよいです。しかし、一応は不動産業界の定義があったりもします。あくまで平均的には、という話ですが、三階以上、鉄筋コンクリート製の建物の場合は、マンションとしていることが多いです。エレベーターなんかがあったら、確実にマンションと称しています。アパートはそれ以外、ということです。二階建てで、木造住宅であることが多かったです。最近では鉄筋コンクリートで出来ているところも多いですから、必ずしも木造であるとは限りませんから、注意することです。そもそも別に定義の違いがあるわけではないのですから、住むところは好きに選んだらよいのです。但し、さすがに家賃は違います。

違いがある、といっても物件次第ではありますが、マンションのほうが高、という相場になっていることが多いです。ですから、どうしても安いほうがよい、というのであれば、アパートを選ぶことです。アパートのほうが家賃は安いですから、それを理由にそちらを選ぶ人が多いのも確かです。

おすすめ情報

Copyright (C)2017賃貸は契約からなりたつ住居等のかりる方法です.All rights reserved.