賃貸物件には大家である貸主にお礼の意味を込めた礼金を支払うことが一般的です。そんな礼金について説明いたします。

賃貸は契約からなりたつ住居等のかりる方法です
賃貸は契約からなりたつ住居等のかりる方法です

賃貸物件の礼金について

賃貸物件の契約が交わされる際に、大家に対して敷金と礼金を支払うのが一般的です。敷金は借主が退去する際に、部屋で原状回復する必要があった場合に捻出される費用であり、壁や床などを傷つけずに問題なく使用した場合はそのまま返ってくるケースもあります。しかし礼金は一度支払うと返金されることは基本的にありません。

礼金は不動産業者の収入となるお金ではなく大家である貸主に入るお金であることを認識しておきましょう。これは身元保証の意味合いや原状回復費用負担という目的のための費用としての敷金や、不動産会社の収入源となる仲介手数料などよりも、このような礼金の方が値段交渉はしやすい傾向にあります。敷金や仲介手数料の値段交渉をするとあまり良い印象が得られませんし、ある程度大家側も譲歩の材料として礼金の値切りを想定している方も少なくありません。

礼金がかからない物件の特徴としては、借り手がなかなか付かないような訳あり物件の可能性が高いです。駅から距離がある、何の特徴もなくコンセプトがない物件など魅力のない物件では、礼金ゼロも珍しくありません。立地条件や環境が悪い物件、また不人気の物件や長く空室になっている物件では礼金の値切りがしやすいので、積極的に交渉することをお勧めします。

Copyright (C)2017賃貸は契約からなりたつ住居等のかりる方法です.All rights reserved.