賃貸のマンションと、分譲のマンションのメリットとデメリット。そしてマンションを選ぶ時の注意点。

賃貸は契約からなりたつ住居等のかりる方法です
賃貸は契約からなりたつ住居等のかりる方法です

賃貸マンションと分譲マンション。

マンションには賃貸マンションと、分譲マンションの2種類があります。賃貸マンションは毎月家賃や共益費などをオーナーさんに支払うもの。分譲マンションは家賃などはかからないものの、マンションの1部屋を購入するのに多額の費用がかかります。購入するのに多くの人が住宅ローンを組み、ローンの返済を家賃の支払いのようなイメージでしている方が多いです。ただ、賃貸マンションは設備で何か故障した場合はオーナーさんが責任を持って修繕してくれます。しかしながら分譲マンションは、その部屋が購入した本人の所有物であり、仮に設備で何か故障した場合は所有者が個人で修繕費用を支払わなければならないです。

分譲のマンションは仮に購入をしても、毎月マンションの管理費であったり、マンションの修繕積み立て費、さらには駐車場代、加えて固定資産税の支払いが必要となります。マンションを購入しても毎月支払わなければいけない費用が発生します。

賃貸であれば気軽に家族が増えたからもっと広い家に住み替えたいという場合に引っ越すことが可能ですが、分譲になると個人の所有物のマンションになるので気軽に住み替えることは困難です。ただ、どちらにしてもマンションはRC構造であれば地震などの自然災害に強いのでその点は安心。事業をするならば、分譲であれば気軽に始めれます。

Copyright (C)2017賃貸は契約からなりたつ住居等のかりる方法です.All rights reserved.