賃貸物件の中では営業マンが得する物件があります。その物件を決めたい営業マンは特におすすめですと言ってくる話

賃貸は契約からなりたつ住居等のかりる方法です
賃貸は契約からなりたつ住居等のかりる方法です

営業マンが得する賃貸物件を勧めてくるという話

賃貸物件の仲介手数料は不動産の業法で賃料の1ヶ月と消費税以上はお客さんから受領してはならないという決まりがあります。しかし、賃貸物件の中では借主から仲介手数料をもらう他に大家さんから広告費という名目で契約したらもらえる物件があります。不動産会社では最初に大家さんから広告費の出る物件を強く勧められることが多くあります。これは大家さんの為を思ってということもあるでしょうし、要望にぴったり合った部屋だということもある場合もありますが、営業マンの売上が増えるということもありおすすめされることが多いです。

大家さんから広告料が出る物件を成約した場合には、営業マンの売上が家賃の2倍になります。大家さんによっては2ヶ月分支払うとか増額しているケースもあるのでさらに多くなるケースもあります。また、担当者ボーナスとして商品券などをくれる大家さんもいます。これはどのようなことなのかと言いますと、賃貸物件は数多くありお客さんもなかなか決めてくれない実情があると大家さんも困ってしまうという背景があるのです

賃貸物件の大家さんはそこで不動産会社に、広告料を支払うから広告にお金をかけてなるべく早く決めてほしいとか、営業マンのモチベーションアップに担当者ボーナスを出すからという提案をしてくるわけです。大家さんの中には家賃も高く募集して、空室があっても困らないという人も時にはいますが、大抵の大家さんは早く空室を埋めれば家賃収入にもなるし広告料を支払っても充分ペイできると考えるのです。その物件を決めれば営業マンは得をしますので、いつもより熱心にその物件を勧めてしまうということになるのです。

Copyright (C)2017賃貸は契約からなりたつ住居等のかりる方法です.All rights reserved.